伝統に息づく大地の鼓動が聞こえる。

  • 磯部の御神田(おみた)① 磯部の御神田(おみた)①

  • 磯部の御神田(おみた)② 磯部の御神田(おみた)②

  • 磯部の御神田(おみた)③ 磯部の御神田(おみた)③

  • 磯部の御神田(おみた)④ 磯部の御神田(おみた)④

  • 磯部の御神田(おみた)⑤ 磯部の御神田(おみた)⑤

  • 磯部の御神田(おみた)⑥ 磯部の御神田(おみた)⑥

  • 磯部の御神田(おみた)①
  • 磯部の御神田(おみた)②
  • 磯部の御神田(おみた)③
  • 磯部の御神田(おみた)④
  • 磯部の御神田(おみた)⑤
  • 磯部の御神田(おみた)⑥
志摩市磯部の伊雑宮に隣接する御神田です。
毎年6月24日(6月月次祭当日)に行われる御田植式は、とても雅な神事で、「磯部の御神田」の名で国の重要無形民俗文化財に登録され、日本三大田植祭の一つとされます。

【タイムスケジュール】
 08:10頃~ 杁(えぶり)・田道人(たちど)役は「七度半」の使いにたつ
 09:50頃~ 「式三番」を納める
 10:20頃~ 伊雑宮の一ノ鳥居内に整列し、修祓をうける
 10:30頃~ 御正殿に参拝
         修祓所にて神官は作長に早苗を授ける
 10:40頃~ 御料田に参進する
 11:00頃~ 御料田に参着する
         作長は左、右、中と早苗を奉下する
         早乙女、田道人(たちど)らは苗代を三周半して早苗を取る
 11:20頃~ 「竹取り神事」
 11:30頃~ 「御田植の神事」
         小謡一番から九番が済むと中休みとなり
         奉仕者は若布(わかめ)の引張肴で酒宴をする
         次いでおくわか、さいわかによる「刺鳥差(さいとりさし)の舞」
         続いて小謡十番から十八番で御田植が終わる(13:00頃 修了)
 15:00頃~ 「踊り込み」
         御料田から約2時間かけて伊雑宮一ノ鳥居まで練る
 17:00頃~ 役人一同一ノ鳥居内に整列し太鼓、簓(ささら)の三人が「千秋楽の仕舞」を行い神事はめでたく終了する

『磯部の御神田』(磯部町教育委員会発行)より抜粋

※当番地区により多少時間が異なることがございます。

基本情報

開催日2019年6月24日(月)
※毎年6月24日
開催時間8:10頃~17:00頃
開催場所伊雑宮 御料田
住所 〒517-0208 三重県志摩市磯部町上之郷374
ウェブサイト 日本三大御田植祭 伊雑宮 御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)
問い合わせ 一般社団法人 志摩市観光協会/TEL 0599-46-0570 FAX 0599-43-8321
営業時間 9:00~17:00(年中無休)
公共交通機関でのアクセス近鉄「上之郷駅」より徒歩3分
車でのアクセス伊勢自動車道~伊勢鳥羽二見ライン~第2伊勢道路経由、鳥羽南・白木ICより志摩方面へ約10分。
駐車場 磯部ふれあい公園、旧藤本電器跡駐車場、旧磯部町役場駐車場をご利用ください

周辺観光情報

ここに近い宿泊施設