一羽の真名鶴が稲穂を くわえているのを発見し、祀ったのが始まり。

  • 佐美長神社 佐美長神社

倭姫命がこの地を訪れた際、一羽の真名鶴が稲穂をくわえているのを発見し、祀ったのが始まりです。伝承の中で真名鶴が田んぼに稲穂を運んだことから、「穂落社」との別名もあります。

基本情報

住所 三重県志摩市磯部町恵利原穂落1272-1

周辺観光情報

ここに行くモデルコース

ここに近い宿泊施設