御祭神は船路交通の守り神

  • 御船神社 御船神社

伊勢神宮内宮の摂社です。
御祭神は船路交通の守り神と伝えられる、大神御蔭川神(おおかみのみかげがわのかみ)です。
このあたりが外城田川(ときだがわ)の終点地であり、倭姫命(やまとひめのみこと)がさかのぼられたとき、御船をとどめられたといわれています。
末社の牟弥乃神社(むみのじんじゃ)が御同座されています。
社頭には天保一四年(1843年)と刻まれた常夜燈や、文政六年(1823年)の石階などが残されています。

基本情報

住所 三重県多気郡多気町大字土羽字南出505

周辺観光情報

ここに近い宿泊施設