春 夏 秋 冬
1泊2日
エリア
伊勢市志摩市南伊勢町

伊勢志摩の気持ちいい風をうけて、峠や海岸線を走りぬけよう!!

伊勢志摩ぐるっと周遊サイクリングコース

伊勢神宮からスタート、剣峠を下り五ケ所湾へ。2日目は、気持ちいい風をうけながら海岸線を走ります。足に自信のある方は、ぜひチャレンジを!!
伊勢市駅スタート~志摩磯部駅ゴール
注意:公共交通機関に乗車時の無料手回り品について
●自転車は解体または折りたたんで専用の袋に収納したものに限ります。(事前にご確認ください)
伊勢志摩ぐるっと周遊サイクリングコース

バイクにまたがって風になろう

START
伊勢市駅から自転車で約5分
とようけだいじんぐう げくう(いせじんぐう げくう)

豊受大神宮 外宮(伊勢神宮 外宮)

  • 豊受大神宮 外宮(伊勢神宮 外宮)
  • 豊受大神宮 外宮(伊勢神宮 外宮)
  • 豊受大神宮 外宮(伊勢神宮 外宮)
  • 豊受大神宮 外宮(伊勢神宮 外宮)
衣食住の神様を祀る
食物・穀物を司る神である豊受大御神がお祀りされています。
衣食住をはじめあらゆる産業の守り神です。
御正殿以外にも風宮、土宮、多賀宮の3つの別宮にもお参りしましょう。

祭神の豊受大御神は約1,500年前、天照大御神の食事を司るために招かれた食と産業の神様です。地元では「外宮さん」と呼ばれて親しまれています。外宮では1,500年間、続けられてきた神事があります。それは毎日朝と夕方、天照大御神をはじめとする神々に神饌(しんせん)(お食事)を奉る「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」です。
自転車で約20分
こうたいじんぐう ないくう(いせじんぐう)

皇大神宮 内宮(伊勢神宮)

  • 皇大神宮 内宮(伊勢神宮)
  • 皇大神宮 内宮(伊勢神宮)
  • 皇大神宮 内宮(伊勢神宮)
  • 皇大神宮 内宮(伊勢神宮)
日本人の氏神様を祀る
日本人の総氏神である天照大御神がお祀りされています。
俗界と聖界との懸け橋といわれる宇治橋を渡り、風日祈宮、荒祭宮、御正殿へお参りしましょう。
自転車で約120分
つるぎとうげ

剣峠

  • 剣峠
  • 剣峠
  • 剣峠
  • 剣峠
  • 剣峠
  • 剣峠
かつての参宮の道
伊勢神宮へと続く峠で、カーブも多くアップダウンの激しい山道ですが、素晴らしい景色を望む事ができます。頂上には剣峠のモニュメントと野口雨情の詩碑と小さな池があり、トレッキングコースの登り口もいくつかあります。そのうちの一つである「京路山」の登り口を上がって行くと、途中に大きな展望岩があり、また違った景色が楽しめます。更に少し登った所には、伊勢神宮の山である神宮林との境があり、そこに3mほどの大きな剣の様な形をした岩が立っています。風化されながらも絶妙なバランスで立っているその姿は実に神秘的です。
自転車で約60分
こくどうにひゃくろくじゅうごうせん(みなみいせちょう)

国道260号線(南伊勢町)

  • 国道260号線(南伊勢町)
  • 国道260号線(南伊勢町)
  • 国道260号線(南伊勢町)
  • 国道260号線(南伊勢町)
日本の道100選
南伊勢町の主要道路である国道260号線は、「日本の道100選」に選ばれています。くねくねと峠を越える山道や、海岸沿いを走る箇所もあり、いろいろな景色が楽しめます。春には、沿道に続く桜並木によって淡い桃色に包まれ(河内地区)、夏には、青々と茂った木々に囲まれ(各地区)、秋には、たくさんのみかんの実をつけたみかん畑の木(内瀬地区)が望め、冬には、澄み亘った水平線が望めます(慥柄地区)。
自転車で約90分
かしこじまおおはし

賢島大橋

  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
  • 賢島大橋
リアス海岸に架かる4大橋
英虞湾に浮かぶ賢島の入り口にあたる橋です。はしの上から望む英虞湾の夕景は、見る人の心を魅了します。
自転車で志摩市へ(志摩市で宿泊)
だいおうざきとうだい

大王埼灯台(大王崎灯台)

  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
  • 大王埼灯台(大王崎灯台)
絵かきの町の灯台
太平洋の荒波が寄せる岸壁の先端に立つ白亜の灯台です。ここの美しい風景は、多くの画家たちにも親しまれ「絵かきの町」として有名です。
熊野灘と遠州灘を分ける海の難所、大王崎に建っています。鳥羽の鎧崎沖と並んで、船乗りたちに怖れられていました。大王埼灯台も参観灯台で、上からは真下に石坂が美しい波切の町、大海原の向こうには神島や渥美半島も見渡せます。沖から来る船がマストの先端から現れることから、地球の丸さを実感することができます。
自転車で約50分
こうのしらはま

国府の白浜(国府白浜)

  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
  • 国府の白浜(国府白浜)
伊勢志摩のサーフィンスポット
遠浅で緩やかなカーブを描く海岸で、広々として砂浜が続き、浜の南部には松原が広がります。
サーフィンができる海岸として有名で、年間を通じ多くのサーファーが訪れます。
自転車で約70分
こうたいじんぐうべつぐう いざわのみや(いせじんぐう ないくう)

皇大神宮別宮 伊雑宮(伊勢神宮 内宮)

  • 皇大神宮別宮 伊雑宮(伊勢神宮 内宮)
「伊雑宮御田植祭」で有名な伊勢神宮内宮の別宮
伊勢神宮・内宮の別宮として特に格式が高く、境内の「きんちゃくぐす」も必見です!
漁師や海女の信仰が厚く、海女はここで「磯守」を受け、海に入るのが風習となっています。
自転車で約5分
おうむいわ

おうむ岩

  • おうむ岩
  • おうむ岩
  • おうむ岩
  • おうむ岩
  • おうむ岩
  • おうむ岩
不思議な空間
おうむ岩は、垂直に切り立つ大岩壁です。「語り場」から話しかけると、50m離れた「聞き場」に届くという不思議な現象が起き、まるで岩が話しているかのような聞こえ方をします。頂上は遠くに太平洋も一望できる絶景スポットになっています。
GOAL