【伊勢志摩レポートvol.9】広報スタッフと行く!伊勢シーパラダイス&めおと横丁-1

【伊勢志摩レポートvol.9】広報スタッフと行く!伊勢シーパラダイス&めおと横丁

『距離感ゼロの衝撃が笑顔に!』

自由にのびのびと過ごしている生き物たちがかわいすぎる!伊勢シーパラダイスさんに伺いました!

2019年に「ふれあい魚館」、2020年には「UOASIS - ウオアシス」「タツノオトシゴのくに」など新スポットも登場。
隣接している めおと横丁 では伊勢グルメや豊富な伊勢土産のほか、写真も映える提灯が並ぶ空間が続きます。

今回は広報担当の今村さんに特別にご案内していただきました!
たっぷりご紹介いただき、「伊勢志摩レポート」はじまって以来の大ボリュームに。

伊勢シーパラダイスといえば!

入ってすぐ、入館者を迎えてくれるのは洞窟水槽エリア~トロピカル広場。
まるでジャングルのようなインパクトのある内装に、シーパラといえばこの風景を思い出す方も多いのでは。

さっそく最初の人気エリア、「ペンギンの森」から見ていくと、飼育スタッフさんが魚をあげているところでした。
手で食べさせてもらっているペンギンは赤ちゃんかな?

ここだけの魅力がたくさん!「ふれあい魚館」

伊勢シーパラダイスで人気の「ふれあい」が楽しめる新エリア!
タツノオトシゴに指に巻き付いてもらう「タツノオトシゴ巻き付きふれあい体験」や「手乗りトビハゼふれあい体験」「チンアナゴ謎解き餌やり体験」などなど
魅力的な体験コーナーが並びます。タツノオトシゴ巻き付き体験は特に人気です!

「海底ごろりんホール」でリラックス

歩き疲れたら「海底ごろりんホール」で少し休みましょう。
空調も効いていてとても気持ちよく、水槽を眺めながら魚が泳いでいるのをぼーっと見ていると時間を忘れてしまいます。
家族連れのお父さんたちの癒されスポットだそうですよ。

飼育種類数日本一!「タツノオトシゴのくに」

かわいいイラストとともに、詳しく解説されているのが「タツノオトシゴのくに」
実はこのイラスト、水族館スタッフさんが描いたそう!すごい!
解説もとてもわかりやすくて面白かったです。タツノオトシゴは世界に50種類くらいいるそうですよ!

まるでおしゃれなカフェ!「UOASIS - ウオアシス」

テーブル水槽やカウンター付き水槽が並ぶ、いこいの魚館 UOASIS - ウオアシス。
こちらにはスタッフさんおすすめの生き物の本や、絵本もあり、ゆったりと読書をして過ごすこともできます。
テーブル水槽に用意されているメガネを使って覗くと、人気のチンアナゴのアップが見れたりします!

番外編① まだまだあります、今村さんのおすすめ

これまでたくさん紹介してきましたが、伊勢シーパラダイスにはまだまだおすすめスポットがたくさん!
駆け足になってしまいますが、もふもふとしたモルモットや、UOASISの蔵書など、今村さんのおすすめを一挙公開します。

いよいよ「めおと横丁」のご紹介です

伊勢シーパラダイスには、伊勢志摩グルメや、伊勢土産ショッピングが楽しめる「めおと横丁」が併設されています。
夫婦岩までの参道にもなっているんですよ。
また、「めおと岩アクティビティ(旧:めおと岩カフェ)」では苔玉作り体験や苔テラリウム体験など、気軽に楽しめる体験プログラムがたくさん用意されています!
伊勢・二見で特別な体験をしてみてはいかがでしょうか。

番外編② 「貝ミュージアム」 太田孝 コレクション

めおと横丁内に、企画展『貝ミュージアム 太田孝コレクション』が開催されていました。
三重県出身の元近畿日本ツーリスト代表取締役社長、太田孝氏が生涯にわたって収集した800種2000点の貝殻の一部が展示されているとのこと。

距離感ゼロで様々な角度から楽しめる方法で展示されていて、眺めているだけでわくわくしました!

伊勢・二見をまるごと楽しめる、伊勢シーパラダイス

シーパラダイスで生き物たちに癒されて、めおと横丁でショッピング、美味しい伊勢志摩グルメを堪能・・
そして夫婦岩を見て、二見浦の禊浜に参宮。伊勢・二見をまるごと楽しめること間違いなしのコースです!

特にシーパラダイスはわかりやすく面白い解説で学べて、ゼロ距離な距離感で生き物と触れ合えて、本当に楽しい!
今村さん、ご案内いただきありがとうございました!

次に読みたい記事

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.
ページトップへ