85

棚橋お頭神事(県指定無形文化財)

古くは江戸時代前期ごろには成立していたといわれ、約300年以上ものあいだ受け継がれてきた、悪魔退散、家内安全を祈願する神事です。
獅子舞は昼の「座敷舞」と夜の「打ち舞」で構成されており、昼は「宿」と称した公民館に地区のたくさんの人が訪れ御頭に供物を奉納します。
夜更けには天狗と見物人とによる「ウマ」という行事が行われ、離ればなれになった雌雄の獅子が、お互いに相手の名前を呼びながら舞うことで知られています。
1968年3月18日に県の無形民俗文化財に指定されました。
棚橋お頭神事(県指定無形文化財)

©伊勢志摩観光コンベンション機構

※無断使用防止のため、
サムネイル解像度は低くしてあります。
エリア
カテゴリー
季節
縦横サイズ 幅984px、高さ768px
ファイルサイズ 356KB
ファイル形式 JPEG
利用上の注意
  1. 著作権は、公益社団法人伊勢志摩観光コンベンション機構(以下、「当機構」という)にあります。写真画像の利用は非営利目的の使用は自由ですが、著作権を放棄するものではありません。
  2. 宣伝や販売促進への資料における利用のみ許可いたします。なお、使用する画像へはクレジット表記をしていただきます。また、作成後の掲載紙や印刷物などの成果物を当機構までお送りください。利用目的がインターネットコンテンツの場合は、URLをお知らせください。
    ※伊勢神宮に係る画像については、編集、加工による使用は認めておりません。
  3. ダウンロードした画像、二次加工した画像の第三者への販売・貸与等はできません。
  4. 異なる利用目的で画像を利用される場合は、再度申請をしてください。
  5. 犯罪、反社会的行為、公序良俗に反する行為などに利用することを禁止します。
  6. 当機構は、写真画像の利用により損害が生じたとしても、当機構はその損害についていかなる責任も負いませんので、利用者各自の責任においてご利用ください。
  7. 上記に違反した場合は、利用を停止していただきます。また、利用停止の結果、利用者と第三者との間にトラブル等が発生しても、当機構はいかなる責任も負いません。
  8. 当機構は、写真画像の利用により発生したトラブル等に関して、いかなる責任も負いません。
  9. 伊勢神宮に係る写真について、記事・説明・文言等を掲載する場合、その内容については直接、神宮司庁様にご確認ください。
  • 申請を行っていただき、画像ダウンロード用のURL等をご連絡するまでにおよそ1営業日かかります。
  • ダウンロードURL等をご連絡するまでに時間を頂戴しますので、余裕をもってご申請ください。
  • 当機構は申請に係るトラブル等に関して、いかなる責任も負いません。

写真を希望される方は、上記【利用上の注意】に同意していただいた上で、申請ボタンを押して、申請を行ってください。