エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
現在の検索条件:
  • 歴史・文化に触れる×
  • キーワード: 城×
  • 2017年5月
     
         
  • 2017年6月
           
     
  • 2017年7月
               
             
  • 2017年8月
       
       
  • 2017年9月
             
  • 2017年10月
           
  • 2017年11月
         
       
  • 2017年12月
             
               
  • 2018年1月
     
         
  • 2018年2月
           
         
  • 2018年3月
           
  • 2018年4月
             
21ありました
歴史・文化に触れる ほか    玉城町

田丸城跡

桜の名所

玉城町のシンボルともなっている田丸城跡は今から約670年以上前の1336年(延元元年)北畠親房・顕信父子が南朝義軍の拠点として砦を築いたのが最初と言われています。現在は桜…

歴史・文化に触れる ほか    鳥羽市

鳥羽城跡

九鬼水軍、九鬼嘉隆が築城したお城

九鬼嘉隆が1594年(文禄3年)に築城し、その後は九鬼水軍の本拠地となっていました。大手門が海側に突出して造られるという全国でも珍しい形をしており、この大手波戸水門が出入…

歴史・文化に触れる ほか    松阪市

松坂城跡

日本100名城のひとつ

「日本100名城」で国指定史跡である松坂城跡は、野面積みを基本とした石垣が積み上げられ、松阪公園としても市民に親しまれています。また、桜の名所でもあり、4月上旬には夜間の…

歴史・文化に触れる    度会町

一之瀬城址・一之瀬神社

南北朝時代の南朝の拠点であったといわれる城址

南北朝時代、南朝の拠点であったといわれる城址。敷地内には一之瀬神社が建てられています。高台には後醍醐天皇の皇子である宗良親王の御遺跡があります。

歴史・文化に触れる ほか    南伊勢町

鬼ヶ城

赤い鬼の像が目印!

押渕には鬼ヶ城と呼ばれるところがあり、そこには鬼が住んでいたと言われる洞穴があります。この鬼については様々な言い伝えがあり、「昔ここに一人の賊が住んでいたが、人肉を食べて…

歴史・文化に触れる ほか    松阪市

御城番屋敷

松坂城跡のすぐそば

松坂城跡のすぐそばにあり、城の警護を任された紀州藩士が住んでいた趣ある武家屋敷です。 このような組み屋敷は全国でも珍しく、現在も人々の暮らしが営まれており、西側北端の一部…

歴史・文化に触れる ほか    南伊勢町

愛洲の里(五ヶ所城址)

剣祖祭では全国の剣の達人が集います

南北朝から戦国時代にかけて活躍した伊勢の豪族、愛洲氏の居城である五ヶ所城址を中心に整備された公園で、「愛洲の館」や水車、庭園などがあります。またこの地に伝わる民話に登場す…

歴史・文化に触れる    鳥羽市

九鬼嘉隆の首塚

九鬼嘉隆が眠る場所

戦国時代、鳥羽城西主で水軍の将として活躍した九鬼嘉隆は、ここ答志島で自刃しました。 九鬼嘉隆の首は「鳥羽城の見えるところに埋めてくれ」との遺言通り、 鳥羽城を一望でき…

歴史・文化に触れる    玉城町

熊野街道道標

「伊勢本街道」と「熊野街道」

古くは伊勢神宮へお参りに行く人々の宿場町として栄えた玉城町。大和(奈良)から伊勢へ至る道を最短距離で結んだ「伊勢本街道」と、伊勢から聖地・熊野に通じる「熊野街道(熊野古道…

伊勢神宮関連 ほか    玉城町

鴨神社(伊勢神宮 内宮摂社)

どんな日照りの時にも枯渇したことがないと伝わる沢

山の中腹にある農耕灌漑の守護神です。眼下に伊勢の平野を見下ろせます。境内の下に、どんな日照りの時にも枯渇したことがないと伝わる沢があり、せせらぎが聞こえてきます。

歴史・文化に触れる ほか    南伊勢町

五ヶ所城址

元祖剣豪の愛洲移香斎久忠 生誕の地

南北朝から戦国時代にかけて活躍した伊勢の豪族、愛洲氏の居城で、竹林に囲まれた小高い丘の上にあり、三重県の史跡にも指定されています。中世の山城なので、堀や居館の跡はあります…

歴史・文化に触れる ほか    鳥羽市

大山祇神社

大三島の大山積神社の末社

瀬戸内海に浮かぶ大三島の大山積神社の末社で、横町、中之郷、藤乃郷、錦町の村社として1907年(明治40年)に建てられた神社。1,594年(文禄3年)、九鬼嘉隆が築城の際、…

歴史・文化に触れる    玉城町

幸神社

子授け・安産・厄除けのご利益

約300年前、ヒノキの老樹の元に猿田彦大神としてほこらをまつったことが神社のはじまり。 当時は神様を“サエ(境塞)の神”と呼んでいたが、後に“サイの神”といい換えられ、…

歴史・文化に触れる ほか    玉城町

田丸神社

合格祈願は学問の神様に!

学問の神様、菅原道真公をはじめ多くの神様が祀られている「田丸神社」は、地元内外より広く信仰を集めています。本殿前には、天地を貫くヒノキの大木の御神木があり、古くは降雨止雨…

歴史・文化に触れる    松阪市

東光山 神宮寺

勢州七福神めぐり 毘沙門天札所

奈良時代 西暦730年(天平二年)開創。 慈覚大師の一刀三礼彫刻の本尊薬師瑠璃光如来は織田信長も平伏したと伝えられ、鎮守には鎌倉時代の毘沙門天を祀っています。 江戸時…

歴史・文化に触れる    鳥羽市

九鬼岩倉神社

九鬼家にかかわる神社

かつて九鬼家の居城だった、加茂川と河内川の合流付近にある丘陵を利用した「田城」があった場所で、市の文化財に指定されている。九鬼家の本家にあたる澄隆がその叔父・嘉隆に暗殺さ…

歴史・文化に触れる    鳥羽市

九鬼嘉隆の胴塚

九鬼嘉隆の墓、五輪塔

戦国時代、鳥羽城主で水軍の将として活躍した九鬼嘉隆は、ここ答志島にて自刃しました。 胴を葬ったとされる墓は和具漁港の町中にあり、現在は五輪塔が建てられています。 墓の左側…

歴史・文化に触れる    明和町

竹神社

斎宮(さいくう)の世だめし

竹神社には、「斎宮(さいくう)の世だめし」といわれ、馬が背追った稲束の色によって豊兇(ほうきょう)を占う「絵馬」が神宝として本殿に保管されています。中世には斎宮城があった…

歴史・文化に触れる    鳥羽市

三ノ丸広場

鳥羽城三ノ丸跡地の広場

戦国時代の水軍の将・九鬼嘉隆が築いた鳥羽城の石垣を整備して、今は広場となっています。 鳥羽城は海に向かって大手門が開かれていました。 九鬼嘉隆の思いを馳せ、鳥羽湾の眺めを…

歴史・文化に触れる    鳥羽市

金胎寺

代々の鳥羽城主の祈願所

境内に芭蕉の句碑が、裏山には小さな祠に石仏が2体ずつ収まった新四国八十八ヶ所小霊場があります。 高台にあり鳥羽の景色が眺められます。