一之瀬獅子神楽(県指定無形文化財)

©伊勢志摩観光コンベンション機構 / "Visit ISESHIMA" Bureau

※無断使用防止のため、
サムネイル解像度は低くしてあります。
Thumbnail resolution is low to prevent unauthorized use.
73

一之瀬獅子神楽(県指定無形文化財)

この舞は氏子の平和、健康、五穀豊穣、相互扶助、繁栄の願いを祈願するというもので、南中村、脇出、市場、和井野の4地区でそれぞれ行われています。
内容は各地区ごとに特徴がありますが、獅子、天狗、歌役を中心に構成されており、舞が行われる際には、それぞれ祝い歌を内容にした神楽歌が歌われます。
それぞれ同じ三つ巴の紋をあしらった獅子であることからも、隅櫓に納められていた四頭のうち、三頭を分け与えたのが始まりといわれています。
1983年3月28日に県の無形民俗文化財に指定されました。

下記フォームに必要事項を入力の上、「確認」ボタンを押してください。
Please fill in the necessary information in the form below and click the "Confirm" button.

必須 / Required
必須 / Required
必須 / Required
必須 / Required
必須 / Required
プライバシーポリシーに同意して送信
Agree to the Privacy Policy and Send