麦崎灯台に昇る朝陽

©伊勢志摩観光コンベンション機構

※無断使用防止のため、
サムネイル解像度は低くしてあります。
330

麦崎灯台に昇る朝陽

志摩半島の最南端に立つ灯台です。
布施田水道を航行する船を見守りつづける白亜の灯台で、東は大王埼灯台、西は和具大島、小島を望みます。
海女漁のシーズンには「残したい日本の音風景百選」に選ばれた海女の磯笛が聞こえる場所として知られています。灯台のある片田地区は19世紀以降、アメリカに移住する人が多かった歴史があります。

下記フォームに必要事項を入力の上、「確認」ボタンを押してください。

必須
必須
必須
必須
必須
プライバシーポリシーに同意して送信