伊勢志摩国立公園指定70周年

伊勢志摩国立公園について

海

伊勢の地は「美し国」。降った雨は山に蓄えられ、川となってミネラルがある養分豊富な水が田畑を潤し、海に流れ出て海洋生物に届く。そうして育った伊勢えびや牡蠣、あのりふぐなど海の幸が豊富にある。志摩地方は平安時代から「御食つ国(みけつくに)」と言われています。伊勢志摩の海を代表する英虞湾には大小さまざまな形の島々と、幾重にも折り重なる半島が作るリアス海岸となっており、その湾内は波静かで真珠筏やノリ養殖の風景が見られます。