• へんば餅
丸く平らにした形と、両面の焦げ目の焼き色が特徴

へんば餅

へんばや商店の本店がある伊勢市小俣町は、伊勢志摩の入り口の町、清流「宮川」を挟んで伊勢と接し、旧参宮街道に沿いながら伊勢参宮街道の最終宿場町として知られてきました。
かつて、お伊勢参りに訪れた人が、ここで馬を返したことから、いつしか「へんば(返馬)餅」と名づけられ、今日に至っています。

へんば餅

  • へんば餅

    へんば餅

  • へんばや商店 宮川店

    へんばや商店 宮川店

ここから馬を返し参宮されたことから名づけられた「へんば(返馬)餅」
へんば餅の特徴は丸く平らにした形と、両面の焦げ目の焼き色。
米粉を用いた餅は独特の食感があり、両面に焼き色がついたお餅は香ばしく、口溶けのよいこし餡のまろやかな甘みが広がります。

現在、へんばや商店は、伊勢市内に本店、宮川店、おはらい町店、伊勢市駅前店の4店舗あります。
公式ホームページ