伊勢志摩では、皆様に安心して旅をお楽しみいただけるよう、地域が一体となった新型コロナウイルス感染症対策「伊勢志摩スタンダード」に取り組んでいます。

伊勢志摩スタンダードへの参加事業者を募集します

新型コロナウイルス感染症による影響の長期化が予想される中、観光業においても、新しい生活様式を踏まえた対応が求められています。
伊勢志摩スタンダードは、観光地「伊勢志摩地域(※)」として、地域が一体となった新型コロナウイルス感染症対策を行うことで、旅行者の皆さまも地域で暮らす人々も安心できる観光地を目指す取組です。
※伊勢志摩地域は、伊勢市、鳥羽市、志摩市、南伊勢町、玉城町、度会町の3市3町を指します。

ぜひ、積極的に取組にご参加くださいますようお願いいたします。

伊勢志摩スタンダード参加事業者募集チラシ.pdf

参加のメリット

伊勢志摩スタンダードに参加いただくことで以下のようなメリットがあります。

(1)地域一体となったコロナ対策の見える化
観光地「伊勢志摩」として、地域が一体となって対策を行っていることを見える化することで、旅行者に安心して来訪いただくことができます。

(2)GoToキャンペーンなどの国・県・市町の事業の参画条件に沿った取組
事業者単位で対策のガイドラインを作成することは大変な作業です。伊勢志摩スタンダードに参加し、地域で統一した対策を実施することで、国・県・市町の各種支援事業の申請がしやすくなります。

(3)当機構実施のプロモーション事業への参画
当機構では、伊勢志摩スタンダード参加店舗限定の消費促進キャンペーンやGoToトラベル地域共通クーポンの地域内での利用促進・周遊促進施策の実施を予定しています。伊勢志摩スタンダードに参加いただくことで、本施策に参画していただけます。
※GoToトラベル地域共通クーポン取扱店舗の登録は、別途国への申請手続きが必要です。

(4)SNS(LINE等)を活用した情報発信を行います。
取組に特に力を入れていただいている事業者については、SNS(LINE等)にて紹介させていただきます。

参加方法

参加方法は以下のとおりです。

①対策の検討・実施
 業種別ガイドライン、ガイドライン集およびセルフチェックシートを参考に対策を検討し、実施する。
 現在行っている対策を見直し、改善点があれば改善する。

 業種別ガイドライン一覧.pdf
 「伊勢志摩スタンダード」ガイドライン集(R3.9.1改訂).pdf
 セルフチェックシート.pdf

 ↓

②宣言書の提出
 宣言書とセルフチェックシートを提出する。
 ・宣言書の宣誓内容をよく読み、申込者情報をもれなくご記入ください。
 ・セルフチェックシートは、原則すべての項目を実施していただきます。

【新規登録用】
 宣言書兼申込書.pdf
 宣言書兼申込書(記入例).pdf

【登録更新用】
 宣言書兼申込書.pdf
 宣言書兼申込書(記入例).pdf

 提出先
 郵送・FAX・メールにて、下記まで提出してください。
 -------------------------------------------------
 公益社団法人 伊勢志摩観光コンベンション機構
 伊勢志摩スタンダード担当 宛
 〒519-0609
 伊勢市二見町茶屋111-1
 TEL 0596-44-0800
 FAX 0596-42-2929
 Mail info@iseshima-kanko.jp
 -------------------------------------------------
 ※当機構職員が現地確認を行う場合がございます。

 ↓

③ステッカーの掲示
 配付されたステッカーを店舗に掲示して旅行者に対策実施を見える化する。

当機構の行う「見える化」

店舗へのステッカー掲示以外に、当機構で行う「見える化」は以下のとおりです。
(1)当ホームページで、事業の趣旨や参加事業者の一覧表を公表し、情報発信します。
(2)SNS(LINE等)の機能を活用し、情報発信します。
(3)各種メディアを活用し、情報発信します。

注意事項等

□ステッカーは毎年9月30日まで有効で、以降は1年ごとに更新を想定しています。
□伊勢志摩スタンダードは、地域が一体となって対策を行う取組です。宣言内容に疑義が発生したときは、調査を行う場合があります。