エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
現在の検索条件:
  • 神事×
  • 2018年6月
             
  • 2018年7月
           
  • 2018年8月
         
     
  • 2018年9月
               
               
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
25ありました
祭り ほか    鳥羽市

ゲーター祭

神島に伝わる奇祭

元旦の夜明け前に、グミの木で太陽をかたどった直径2m程度の白い輪(アワ)を島中の男たちが竹で刺し上げ、落とします。邪悪を払い、無事平穏な新しい年の日の出を迎える願いを込め…

開催期間:12月31日~1月1日

神事 ほか    伊勢市

夏至祭

夫婦岩の間から差し昇る朝日でエネルギー注入

二見浦は古くより清渚を呼ばれ、伊勢参宮を控えた人々が汐を浴び、心身を清めた禊場として知られてきました。 夏至祭は、太陽のエネルギーが最も溢れる夏至の日に、夫婦岩の間から…

開催期間:夏至の日

神事    伊勢市

夫婦岩 大注連縄張神事(二見興玉神社)

夫婦岩の衣替え

夫婦岩の大注連縄は、1本が長さ35m・重さ40kg・太さ10cmで、計5本張られており、年に3回(5月5日・9月5日・12月中旬ごろの土日曜日)張り替えられています。 …

開催期間:5月5日、9月5日、12月中旬ごろの土日曜日

祭り ほか    志摩市

潮かけ祭り

780年余りの歴史を誇る、海水を掛け合う天下御免の奇祭!!

海の女神・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が大島の祠に里帰りするのを祝い、海女や漁師がアワビ等のその日の獲物をお供えし、海の安全と大漁を祈願する神事の後、船どうし人ど…

開催期間:2018年 前夜祭 7月12日(木) 本祭  7月13日(金)

神事    度会町

下久具の御頭神事

県指定民族文化財

下久具の御頭神事は別名甘酒神事と呼ばれ、各家庭からお米を集め当番の家で甘酒を仕込み奉納されます。獅子頭は「オサキ」と呼ばれ対岸棚橋の「ダイジョウ」と雌雄対をなしていて「オ…

開催期間:毎年2月の第1土曜日

神事    度会町

棚橋の御頭神事

(県指定文化財)

古くは江戸時代前期ごろには成立していたといわれ、約300年以上ものあいだ受け継がれてきた、悪魔退散、家内安全を祈願する神事です。 獅子舞は昼の「座敷舞」と夜の「打ち舞」…

開催期間:毎年2月の第2土曜日

神事    伊勢市

神宮内宮早朝参拝

清々しい気持ちで神宮参拝

早起きしてお伊勢さんに朝まいり。伊勢神宮ってどんなところ? どんな神様がお祭りされているの? 早朝の清々しい空気を味わってみませんか。

開催期間:通年

祭り ほか    伊勢市

初穂曳(川曳き)

伊勢神宮に今年の初穂を奉納

神宮神嘗祭に合わせ、その年に収穫された初穂を伊勢神宮へ奉納するお祭りで、米の実りに感謝を込め、ソリに初穂を載せ、各々揃いの法被姿で木遣りを歌い、賑やかに五十鈴川を練りなが…

開催期間:10月16日(固定)

祭り ほか    大紀町

節分祭

頭之宮四方神社の節分祭

頭之宮四方神社の節分祭が開催されます。 節分とは、冬と春の中間の季節です。この日を過ぎれば立春となります。

開催期間:毎年2月3日

神事    伊勢市

朝熊山開山忌

伊勢神宮の鬼門を守る寺での先祖供養と五穀豊穣を願う行事

先祖の塔婆供養と野上がり神事および五穀豊穣を願う行事が開山忌です。金剛證寺の開祖である仏地禅師(ぶっちぜんじ)の命日で、この期間、開山堂で法要が行われます。奥の院において…

開催期間:6月27日・28日・29日

神事    伊勢市

柴燈大護摩

5万人以上の参拝者で賑わう日本三大護摩

日本三大護摩の一つ。「ごまさん」と親しまれる護摩法要で、家内安全、豊作、豊魚を祈って5万人以上の参拝者等で賑わいます。参道等には、たくさんの露店が立ち並びます。

開催期間:7月7日(固定)

祭り ほか    志摩市

平成30年 渡鹿野天王祭

渡鹿野(わたかの)の夏を一層熱くする天王祭

古く素戔嗚尊(すさのおのみこと)を牛頭(こず)天王にあてて災厄(さいやく)を免れるために行われたとされている。 尊(みこと)を祭神としてお祀りする八重垣(やえがき)神社…

開催期間:平成30年(2018年) 前夜祭 7月20日(金) 本祭  7月21日(土)

祭り ほか    志摩市

伊勢えび祭 ※2018年のイベントは終了しました。

志摩市最大級のお祭り!

伊勢えび祭は、伊勢海老を代表とする海の幸への感謝と、豊漁と、安全を願う伊勢志摩の初夏を彩る祭りです。 町の繁栄を祈願する式典で幕を開け、夕暮れともなると軽快な音色が海沿…

開催期間:毎年6月の第1土曜日

祭り ほか    鳥羽市

しろんご祭

海女漁を真近で見られる

ホラ貝の音で磯着姿の海女たちが海に飛び込み、つがいの鮑の初獲りを競い合います。最初に採った海女は海女頭として一年間崇められます。菅島のしろんご祭は、伊勢志摩を代表する海女…

開催期間:例年:7月第2週目の土曜日 2016年7月9日(土)

祭り ほか    志摩市

平成30年 わらじ祭り

『三重県無形文化財』に指定れているわらじ祭り

わらじ祭りは、古くは「ゆやの祭りと」言われ、志摩市大王町波切で毎年9月の申の日に行われる、再興以来300年以上の伝統的を誇るお祭りです。 わらじ祭りのハイライトは、わ…

開催期間:【わらじ曳き神事】 2018年9月13日(木) 【イベント・わらじ流し】  2018年9月15日(土) ※予定

神事    度会町

一之瀬獅子神楽

(県指定文化財)

この舞は氏子の平和、健康、五穀豊穣、相互扶助、繁栄の願いを祈願するというもので、南中村、脇出、市場、和井野の4地区でそれぞれ行われています。 内容は各地区ごとに特徴があ…

開催期間:毎年2月の第2日曜日

祭り ほか    伊勢市

節分祭

早春を告げる福運にあやかれるおまつり

境内に設けられた撒豆台にて、まず赤鬼と青鬼を追い出した後、宮司や年男・年女らにより福豆・紅白餅等の縁起の品が撒かれます。当日は、福運にあやかろうと境内を埋めた人々で賑わい…

開催期間:2月3日

神事    松阪市

四萬六千日

この日にお参りすれば四万六千回お参りしたのと同じご利益があります!

「四萬六千日」とは、観世音菩薩のことで、この日にお参りすると四万六千回お参りしたのと同じご利益があるといわれています。 「四萬六千日参り」ともいわれ、東京浅草・浅草寺の…

開催期間:毎年8月9日

神事    松阪市

来迎寺 炎の祭典

暗闇に浮かび上がる炎に願いを込めて

祈願された方の名前が書かれたろうそくを並べ、その年の一文字を形づくります。 18時から種火を八雲神社へ取りに行く間に演奏される、笹笛と和太鼓の音に心も鎮まるでしょう。 …

開催期間:9月28日(水)

祭り ほか    南伊勢町

頭屋祭

「カスギの儀式」と「湯立て神事」

「カスギの儀式」 料理人の手により、カスギ(コブダイ)・鯛・海老などが調理され、一之当・二之当の口上で検分役15名ほどにお神酒とともに振る舞われます。 「湯立て神…

開催期間:2016年12月1日(木)