春 夏 秋 冬
日帰り
エリア
鳥羽市

『潮騒』に登場するスポットが多数あり、雄大な海の景色を満喫できます。

三島由紀夫の『潮騒』をたずねて~神島散策プラン~

神島は伊勢湾口に浮かぶ小島で、三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台ととして知られております。神島漁港を起点に島を一周する近畿自然歩道に沿って島遺産を巡る4キロほどのコースです。まず漁港から集落に入り、細い路地や階段が入り組む漁村ならではの雰囲気が楽しめます。『潮騒』に登場するスポットが多数あり、雄大な海の景色を満喫できます。
三島由紀夫の『潮騒』をたずねて~神島散策プラン~

神島灯台

START
近鉄・JR「鳥羽駅」から徒歩約5分
とばまりんたーみなる

鳥羽マリンターミナル

  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
  • 鳥羽マリンターミナル
離島への旅立ち処
外観は真珠のネックレスをイメージしたフォルム。
建物内部にはホールや海が眺められるデッキ、カフェスペースもあり、定期船乗り場としての利用だけでなく、ゆっくりとくつろいでいただくこともできます。
船で約40分
かみしま

神島

  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
  • 神島
三島由紀夫『潮騒』の舞台
神島は三重県鳥羽市に属し、鳥羽港の北東約14kmにある、漁業を中心とする島です。
神島の名が示すように、神の支配する島と信じられてきました。
三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となったことで有名となり、5回の映画化ではロケ地になりました。
映画のクライマックスシーンにも描かれた「監的哨跡」は、戦時中に旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試着弾を目視して確認するための施設でした。

また、島の八代神社には、古墳時代から室町時代にわたる総数百余点の神宝が秘蔵されています。
毎年元旦未明に行われるゲーター祭りは、南北朝時代の太陽信仰とも言われ、1975年(昭和52年)に三重県の無形民族文化財として登録されています。

その他にも、石灰岩が風化してできた独特の景観の「カルスト地形」があり、白い塔のようにそびえ立つカルスト地形と海の青さのコントラストが神秘的です。
2006年には、愛を誓いプロポーズをするのにふさわしい観光スポットとして、長崎県のハウステンボスや岡山県の倉敷チボリ公園などとともに恋人の聖地の1つに選ばれました。
徒歩で約1分
かみしまのとけいだい

神島の時計台

  • 神島の時計台
時間の流れるのを忘れて、時計をながめてみれば。
かつて島で唯一、時を刻んでいた時計台があります。
富山の薬屋さんが各戸に薬を置いて回り(置き薬屋)、島の人はほとんどその薬を使用していたので、薬屋さんがお礼とし島の中央に時計台を寄付したといわれています。当時は島唯一の時計であったといいます。
今現在、設置されている時計は、当時のものではなく、何度か時計が変更されています。
島では時間の流れるのも忘れて、時計を見るのもまた面白いものがあります。独特な形も面白いオブジェになっています。
徒歩で約5分
やつしろじんじゃ

八代神社

  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
  • 八代神社
国の重要文化財も多く残されている神社
神島にあり、200段を超える高い石段の上に鎮座する八代神社。
創立年代は不詳であるが、「外宮旧神楽歌(げくうきゅうかぐらうた)」に「神島のなおしの明神」という記載が出てくる。また、「志陽略志(しようりゃくし)」には「八幡宮神島村に在り。白髭明神、弁財天、風の宮、鎮守社、山神、禿宮在り」と記されている。1907年(明治40年)に、山神社、神明社ほか11社を合祀し八代神社となった。宝物の銅鏡などが国の重要有形文化財に登録されている。
元旦のゲーター祭が有名です。
徒歩で約20分
かみしまとうだい

神島灯台

  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
  • 神島灯台
日本の灯台50選、恋人の聖地
海の難所といわれる伊良湖水道の安全を見守ってきた灯台。
「日本の灯台50選」にも選ばれていて、島内で随一のビュースポットで「恋人の聖地」のプレートはこの灯台に設置してあります。
徒歩で約20分
かんてきしょうあと

監的哨跡

  • 監的哨跡
  • 監的哨跡
  • 監的哨跡
  • 監的哨跡
  • 監的哨跡
  • 監的哨跡
三島由紀夫、潮騒の舞台といえばここ
戦時中に旧陸軍が伊良湖から撃つ大砲の試着弾を目視して確認するための施設でした。
『潮騒』のクライマックスシーンにも描かれています。
徒歩で約20分
かるすとちけい

カルスト地形

  • カルスト地形
  • カルスト地形
  • カルスト地形
  • カルスト地形
  • カルスト地形
  • カルスト地形
海の青と、岩の白の対比が神秘的
石灰岩が風化してできた独特の景観。
白い塔のようにそびえ立つカルスト地形に海の青さのコントラストが神秘的です。
GOAL