2020年5月20日に「鳥羽・志摩の海女漁の技術」などを含む海女文化や伝統行事などが、日本遺産に認定されたことを記念して、シンポジウムを開催します。個性豊かな講師が、今回認定された「海女(Ama)に出逢えるまち鳥羽・志摩~素潜り漁に生きる女性たち~」の概要や、海女に関する文化や習俗が色濃く残る鳥羽・志摩地域の魅力について語ります。鳥羽・志摩の現役海女さんを交えたパネルディスカッションも開催予定です。ぜひご参加ください。

日時
 2020年2月1日(土)13:30~16:40(開場13:00)

会場
 磯部生涯学習センター
 (志摩市磯部町迫間878番地9)

内容
 13:30~ 講演
  ・概要説明
   豊田 祥三(鳥羽市教育委員会事務局)
  ・基調講演 日本遺産を活かす
   丁野 朗(東洋大学 客員教授)
  ・基調講演 AMA(海女)とISO(磯)のロマンス -愛の時代のロマンティックツーリズムへ-
   望月 照彦(構想博物館 研究員)
  ・報告 生業と暮らしによりそう観光を考える
   吉村 真衣(三重大学海女研究センター助教)

 15:50~ パネルディスカッション
  テーマ 日本遺産としての海女と観光

その他
 入場無料・事前申込不要です

お問い合わせ
 志摩市教育委員会事務局 生涯学習スポーツ課 TEL 0599-44-0339

 志摩市役所ホームページ(日本遺産認定記念シンポジウムを開催します)
  • 【終了しました】日本遺産認定記念シンポジウム 海女(Ama)に出逢えるまち鳥羽・志摩~素潜り漁に生きる女性たち~

    クリックするとチラシがダウンロードされます