• 御朱印すぽっと伊勢志摩
ちょっとディープな女子旅に人気沸騰中!

御朱印すぽっと伊勢志摩Vol1

 「御朱印」とは、お経を書き写してお寺に納めたとき、その証にいただくもの。
それがいつしか、参拝の証としていただけるようになり、御朱印集めを目的とした、寺社めぐりが浸透しました。
 ところが最近は、「御朱印」集めの旅が女性の間で大ブーム。御朱印を集める専用の「御朱印帳」もおしゃれなデザインのものが多く、旅の思い出に最適!
アナタもでかけてみませんか!

松尾観音寺

  • 松尾観音寺

    松尾観音寺

  • 御朱印

    御朱印

  • 境内の絵馬が並ぶ

    境内の絵馬が並ぶ

  • 5色の「縁」絵馬「御縁絵馬」

    5色の「縁」絵馬「御縁絵馬」

厄除けや縁結びに御利益
今から1300年前、奈良時代の僧侶、行基が開山した日本最古の厄除観音寺と伝えられ、本尊には行基自らの作といわれる十一面観音菩薩が祀られています。 
お寺の裏にある二つ池(龍池)には、東の池に雄龍、酉の池に雌龍が棲み、守り神として観音様を守っているとされています。約600年前、本堂が火災に遭ったとき、雄龍が燃え盛る炎を飲み込みながら、観音様を体に巻き付け、雌龍が池の水を炎に吹きかけて観音様を守ったという『龍神伝説」に因んで、厄除や縁結びなどにと利益があるといわれています。
詳細はこちら

猿田彦神社

  • 猿田彦神社

    猿田彦神社

  • 境内にある佐瑠女神社

    境内にある佐瑠女神社

  • 御朱印(猿田彦)

    御朱印(猿田彦)

  • 御朱印(佐瑠女)

    御朱印(佐瑠女)

  • 境内中央にある八角形の「方位石」に触れて願い事をすると、願いが叶うといわれています。仕事運、金運、人気運、才能アップなどを願ってみて!

    境内中央にある八角形の「方位石」に触れて願い事をすると、願いが叶うといわれています。仕事運、金運、人気運、才能アップなどを願ってみて!

  • お守り

    お守り

  • お守り

    お守り

仕事も恋も開運成就!
道を切り開き、ものごとをよい方向に導いてくださる猿田彦大神(さるたひとおおかみ)をお祀りする神社です・事業発展や開運などのご利益で知られ、起業や大きな事業を手がけるときに訪れる人も多いそうです。 
この神社では、方位を意味する八角形のものが多く見られ、大鳥居や手水舎なども八角形になっています。また、境内には佐瑠女神社(さるめじんじゃ)が鎮座し、芸の上達や縁結びにご利益があるとされています。
詳細はこちら

朝熊岳金剛證寺

  • 朝熊岳金剛證寺

    朝熊岳金剛證寺

  • 御朱印(朝熊岳金剛證寺)

    御朱印(朝熊岳金剛證寺)

  • 境内にある、福丑。この福丑に触れれば、心清く、意思堅固となり、福徳智慧増進し身体健康の御利益が授けられるそうです。

    境内にある、福丑。この福丑に触れれば、心清く、意思堅固となり、福徳智慧増進し身体健康の御利益が授けられるそうです。

  • 伊勢志摩スカイライン展望台からの眺めは絶景

    伊勢志摩スカイライン展望台からの眺めは絶景

  • 近くの天空のポストからお手紙を投稿!思いが伝わるかも!?

    近くの天空のポストからお手紙を投稿!思いが伝わるかも!?

伊勢神宮の鬼門を守る名刹
「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の一節にも唄われたように、伊勢神宮へお参りする人々はこのお寺にも参詣するのが習わしでした。
御本尊の「福威智満虚空蔵大菩薩(ふくいちまんこくうぞうだいぼさつ)」は、日本三大虚空蔵菩薩の第一位として広大無辺な福徳・威徳・智徳の三徳を有する仏様であります。
また、伊勢神宮の鬼門を守るパワースポットしても有名です。
詳細はこちら

太江寺

  • 太江寺本堂

    太江寺本堂

  • 太江寺本殿御朱印

    太江寺本殿御朱印

  • 太江寺興玉社御朱印

    太江寺興玉社御朱印

  • 樹齢150年といわれる境内の藤棚は伊勢の春の風物詩です。必見!

    樹齢150年といわれる境内の藤棚は伊勢の春の風物詩です。必見!

  • 肉球をデザインした鈴、迷子札付きのお守り。首輪やリードにつけてあげてね!

    肉球をデザインした鈴、迷子札付きのお守り。首輪やリードにつけてあげてね!

  • 太江寺の案内猫の「どんぐり」。参拝客をやさしく見守ります。

    太江寺の案内猫の「どんぐり」。参拝客をやさしく見守ります。

  • ご本尊の千手観音菩薩像は鎌倉時代に造られた国指定文化財の秘仏。寿命長寿、病気平癒の仏として信仰されています。

    ご本尊の千手観音菩薩像は鎌倉時代に造られた国指定文化財の秘仏。寿命長寿、病気平癒の仏として信仰されています。

案内猫がお出迎え!
音無山(おとなしやま)の東の山麓にある太江寺は、今から約1300年前に行基菩薩が建立したと伝えられる真言宗の古刹です。毎年4月29日は藤まつりが行われ、国重要文化財の『元興玉神本地仏千手観音普薩像」が御開帳され、多くの人々で賑わいます。 また、ペットの健康長寿の祈願や供養も行なう『ペット寺』とじても有名で、可愛いペットのお守りも大人気です。
詳細はこちら

二見興玉神社

  • 日の出(夏至の前後(5月~7月)

    日の出(夏至の前後(5月~7月)

  • 二見興玉神社拝殿

    二見興玉神社拝殿

  • 二見興玉神社の境内にある竜宮社。朱塗りの社が目を引きます

    二見興玉神社の境内にある竜宮社。朱塗りの社が目を引きます

  • 二見興玉神社_御朱印

    二見興玉神社_御朱印

  • 龍宮社御朱印

    龍宮社御朱印

  • 手水舎の二見蛙の口元から、禊(みそぎ)水が出ているので、緑の蛙にかけて願掛けすると、願いが叶うんだとか!

    手水舎の二見蛙の口元から、禊(みそぎ)水が出ているので、緑の蛙にかけて願掛けすると、願いが叶うんだとか!

縁結びのシンボル夫婦岩も必見!
ニ見輿玉神社は、夫婦岩の沖合約700mにある猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)ゆかりの輿玉神石を拝す神社で、縁結び、夫婦円満、厄除けなどに御利益があるとされています。 
縁結ぴのシンボル『夫婦岩」は、長さ35m、重さ40kgの大しめ縄5本で結ぼれており、夏至の前後には岩の間から日の出を、秋から冬の満月には、月の出を見ることができます。境内に『ニ見蛙』が置かれ、『貸したものがカエル』、「若ガエル」などの御利益があるとか。
詳細はこちら

神明神社(石神さん)

  • 石神さん

    石神さん

  • 石神さん御朱印

    石神さん御朱印

  • 超人気のお守りです。

    超人気のお守りです。

  • オリジナルご朱印帳

    オリジナルご朱印帳

女性の願いをかなえる女神様!
相差(おうさつ)の森に静かに佇む地元の氏神、神明神社。その参道の途中の小さな社に祀られているのが「石神さん」です。相差は三重県内で最も海女が多い地域。その海女さんたちが古くから、「女性の願いなら必ず一つは叶えてくれる女神さま」と信仰してきました。 
石神さんの御朱印はなんと朱色ではなくて紫色なんです。これはイボニシ貝から採った「貝紫」という色なんだとか。他ではいただけない御朱印を是非ゲットしてください。 
お参りの後には、海女さんたちが身につける魔よけの印「ドーマンセーマン」が描かれた二つのお守りのチェックもお忘れなく!
詳細はこちら

青峯山正福寺

  • 青峯山正福寺

    青峯山正福寺

  • 正福寺御朱印

    正福寺御朱印

  • 大門の彫刻は必見!

    大門の彫刻は必見!

  • 大きく堂々とした大門の繊細な彫刻

    大きく堂々とした大門の繊細な彫刻

  • 「御船祭」の日は、境内にたくさんの大漁旗が立ち多くの露天商が軒を連ねます!

    「御船祭」の日は、境内にたくさんの大漁旗が立ち多くの露天商が軒を連ねます!

海で働く人が信仰するお寺です
標高336mの青峯山(あおのみねさん)山頂にある広大な寺院です。本尊の十一面観音菩薩は、相差の海からクジラに乗り現れたと伝わり、乗ってきた鯨は龍宮池の鯨石になったという伝説があります。 
入口にそびえる大門には鳳凰や龍など様々な彫刻が施され、江戸時代に「鳥羽藩に過ぎたるものの一つ」と俗謡に唄われたほどで必見です。 
また、このお寺は、漁業や船舶関係者の信仰が厚く、旧暦1月18日には「御船祭」が行われることでも有名です。 
詳細はこちら

宇賀多神社

  • 宇賀多神社

    宇賀多神社

  • 宇賀多神社御朱印

    宇賀多神社御朱印

  • 雷から本殿を守ったとの言い伝えがあるなぎの木

    雷から本殿を守ったとの言い伝えがあるなぎの木

  • 思議な“水みくじ”やってみて!

    思議な“水みくじ”やってみて!

試験と勝負にご利益アリ!
主祭神として祀られている五男三女神のうち「天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)」が勝利の神であることから、勝負ごとにご利益のある神社として知られています。 
「宇賀多」は「受かった!」、「うっ勝った!」に通じるということから、多くの受験生やスポーツ選手が参拝に訪れます。 
また境内には、雷から本殿を守った「なぎの木」があり、その木の葉が災難よけのお守りになっています。
詳細はこちら

大慈寺

  • 大慈寺

    大慈寺

  • 大慈寺御朱印

    大慈寺御朱印

  • あじさい祭

    あじさい祭

花も観賞、「志摩のあじさい寺」
九鬼水軍波切丸の大将川面右近とその臣下の強者(つわもの)がひっそり眠る大慈寺。6月には、境内に1500株のあじさいが咲き乱ることから「志摩のあじさい寺」と呼ばれています。また、2月中旬には、「てんれい桜(河津桜)」が咲き、これらの頃は、あたかも花極楽になります。
詳細はこちら

伊雑宮

  • 伊雑宮

    伊雑宮

  • 珍しいカタチの大楠は必見!

    珍しいカタチの大楠は必見!

遷宮を終えた新しいお宮を参拝!
伊勢神宮内宮の別宮で、古代から「志摩一の宮」と称され、格式高いといわれるお宮。地元では「イゾウグウ」、「イソベさん」と呼ばれています。ご祭神は、天照大御神御魂。境内にある大楠は、その形から「巾着楠」と呼ばれ親しまれています。 
伊雑宮の御田植式(毎年6月24日)は志摩地方第一の大祭で、一般に「御神田(おみた)」といわれ、国の重要無形民俗文化財に指定。遷宮を終えた新しいお宮を参拝する楽しみも!
詳細はこちら

田丸神社

  • 田丸神社

    田丸神社

  • 田丸神社御朱印

    田丸神社御朱印

  • 本殿前にある御神木のヒノキ

    本殿前にある御神木のヒノキ

  • 撫でて祈願すれは、学問向上、身体健全、家運隆昌の願いが叶うんだとか!

    撫でて祈願すれは、学問向上、身体健全、家運隆昌の願いが叶うんだとか!

合格祈願は学問の神様に!
学問の神様、菅原道真公をはじめ多くの神様が祀られている「田丸神社」は、地元内外より広く信仰を集めています。本殿前には、天地を貫くヒノキの大木の御神木があり、古くは降雨止雨の祈願をする農耕の神でもありました。天神信仰のもと、現在は学業成就、厄災除、病気平癒を願って多くの方が訪れており、天神様の使いといわれる本殿前の臥牛「なで牛」をなでると、願いが成就するといわれています。 
また、田丸神社の南にある「田丸城跡」の天守台上からは、一面田園風景が望め、旧富士見門跡からは、天候が良ければ富士山も!足を伸ばす価値アリです。
詳細はこちら

国束寺

  • 国束寺全景

    国束寺全景

  • 国束寺御朱印

    国束寺御朱印

  • 江戸時代に造られた鐘の音は、国束寺の自慢。立ち寄った際には、ぜひ試してみて

    江戸時代に造られた鐘の音は、国束寺の自慢。立ち寄った際には、ぜひ試してみて

心身が癒される自然に囲まれたお寺
度会町の豊かな自然の中にひっそりと佇む山寺です。国束山頂に聖徳太子の命により建立されたのが始まりとされ、かつては伊勢・朝熊の金剛證寺と並ぶ南伊勢の名刹として栄えました。戦後、一部を大阪の四天王寺に移したうえで、国束山麓の平生に移築し、現在に至っています。それぞれにご利益が異なるいろんなお守りがあり、玄関外側に貼って厄病を退ける魔除けの護符は昔から伝わるものとして知られています。
詳細はこちら

仙宮神社

  • 仙宮神社

    仙宮神社

  • 仙宮神社御朱印

    仙宮神社御朱印

  • 御神木の脱皮する木と猿顔の神石は必見! 自然の力を感じ取ってください

    御神木の脱皮する木と猿顔の神石は必見! 自然の力を感じ取ってください

外宮とも関わりが深い由緒ある神社
「猿田彦神社」の祭神としても知られる猿田彦命(さるたひこのみこと)を祀り、伊勢神宮の外宮とも関わりが深い由緒ある神社です。標高約70mの山の上のにあり、裏手の磐山には、猿の横顔のに似た巨岩を見ることができます。 
絵馬殿には百人一首や天の岩戸の神話にちなむ色鮮やかな絵画が奉納されており見ごたえ満点。本殿背後には古代の祭祀跡もあります。
詳細はこちら

東京大神宮 ~番外編~

  • 東京大神宮

    東京大神宮

  • 東京大神宮ご朱印

    東京大神宮ご朱印

  • 東京大神宮鳥居

    東京大神宮鳥居

  • ご朱印帳は3種類。ご朱印帳を美しく保つためのカバーも授与しています。

    ご朱印帳は3種類。ご朱印帳を美しく保つためのカバーも授与しています。

神前結婚式創始の神社
明治13年(1880)、伊勢神宮の遥拝殿として創建されました。「東京のお伊勢さま」といわれ親しまれており、伊勢神宮の内宮と外宮のご祭神である天照皇大神と豊受大神が祀られています。 
さらに万物の〝結び〟の働きを司る「造化の三神」が祀られていることから、縁結びにご利益がある神社としても知られており、良縁を願う人々が全国各地からお参りに訪れます。現在広く行われている神前結婚式は、東京大神宮が創始とのこと。今もご神前で伝統的な結婚の儀式を守り伝えているそうです。
詳細はこちら